【伏見稲荷大社】初詣の参拝時間や屋台について!人出はどう?

伏見稲荷大社

商売繁盛・五穀豊穣、安産、万病平癒、学業成就などのご利益がある京都の伏見稲荷大社は誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?「知らない!」という方も千本鳥居は見たことあるのでは??

この全国的にも有名な伏見稲荷大社は、初詣全国人気ランキング1位ということで毎年たくさんの参拝客で賑わいます。そんな伏見稲荷大社の初詣の様子をご紹介しますね。

スポンサーリンク

初詣の参拝時間や屋台の営業時間は?

歳旦祭 伏見稲荷大社

参拝時間は終日可能です。

特に大晦日から元旦にかけて、三が日は11時~14時頃、18時以降が混雑します。例年、「5日目までは終始混雑している」という話もあるそうですよ。

気になる屋台情報ですが、初詣が終わってからも2月2日ごろまで出店しているとのことです。
 

年始のイベントの日程について

年始の行事

◆12月31日 15時~
大祓式→終了後から除夜祭

◆元旦 6時~
歳旦祭

◆5日 12時~
大山祭

アクセスや駐車場情報はこちら

【電車でのアクセス】
・JR奈良線稲荷駅下車すぐ
・京阪本線伏見稲荷駅下車 徒歩約5分    

【車でのアクセス】
名神高速道路「京都南IC」から府道68号と国道24号を経由
→府道201号「稲荷駅方面」を車で約4km
※1月5日まで交通規制あり。

<駐車場>170台(無料)
ただし元旦~5日は使用不可ですのでご注意ください。

初詣の参拝時間

大晦日から三が日(もしかしたら5日頃まで)にかけては大変混雑が予想されますが、屋台が2月までしているというのは何とも嬉しい話ですね!初詣はバタバタして楽しめなかった・・・という方もゆっくり参拝し、なおかつ屋台も楽しめますよ。

そして伏見稲荷大社に来たからにはぜひ千本鳥居も見て帰ってくださいね。といっても実は千本鳥居はほんの一部なんです。初詣時期は参拝客で混雑していますが、桜の季節や紅葉時期もおすすめなので、ぜひゆっくり参拝してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする