大國魂神社の初詣の屋台はいつまで?駐車場はあるの?

大國魂神社の初詣

「開運招福」「商売繁盛」「交通安全」「厄除け」「縁結び」などのご利益がある大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)の表参道には馬場大門欅並木が500m以上続き、神社とともに府中のシンボルとして愛されています。

また、創建から1900年と大変歴史ある神社で、その昔源頼朝が妻の安産祈願のために参拝したことがあるのだとか。その他にも毎年5月上旬に行われる「くらやみ祭」は司馬遼太郎の小説「燃えよ剣」にも登場するなどとても有名な神社です。

ここでは、そんな大國魂神社の初詣についてご紹介します。

スポンサーリンク

初詣の参拝時間や屋台の営業時間について

屋台の営業時間

【参拝時間】
・大晦日から元旦は21時まで(元旦は閉門なし)
・2日 6時半~20時
・3日 6時半~19時
・4日以降は6時半~17時までとなっています。
※元旦を除き、上記以外は閉門していますのでお気を付けください。

屋台も朝9時頃から閉門まで出店されていますが、参拝者数によっては閉店が早くなるかもしれません。屋台数も多く大変賑わっており、殻付き牡蠣焼きなども楽しめるとのこと!

また三が日を過ぎても5日くらいまでならまだまだ賑わっているようです。ぜひお祭りさながらの雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか?

初詣の混雑はどれくらい?

2017年1月1日の午前0時から「初太鼓打初式」が行われます。この時にも多くの人が訪れますが、参拝客は三が日で約50万人もいるので、度の時間帯もそれなりの人出になります。

◆大晦日の21時~元旦3時
◆元旦の12時~16時
◆2日・3日の12時~16時

上記の時間は特に混雑が予想されます。

アクセスや駐車場情報はこちら

【電車でのアクセス】
・京王線府中駅から徒歩5分
・JR武蔵野線・南武線府中本町駅から徒歩5分   

【車でのアクセス】
・国立府中ICから約15分 

⇒駐車台数 200台
⇒駐車料金 30分200円(24時間利用可)

大國魂神社は東京の中でも最も強い土地神様であり、あの出雲大社と同じ福の神なのだとか!

厄除けをはじめ、さまざまなご利益があり老若男女に愛される神社ではありますが、中でも縁結びや恋愛成就の神社として女性に大変人気があるそうです。ぜひ足を運んでみてください♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする