【馬橋稲荷神社】行き方やオススメのアクセス方法は?

馬橋稲荷神社の行き方

馬橋稲荷神社は、東京都杉並区の阿佐谷南2丁目にあります。鎌倉時代の末期に創建されたもので、明治40年には、村内の御嶽神社と白山神社、天神社、水神社を合祀しています。平成8年には、正参道正面に鳥居が建立されていて、樹齢400年の檜葉の材を使用しています。

スポンサーリンク

馬橋稲荷神社の行き方について

行き方としては、JRを利用するのが一番です。

オススメのアクセス方法は、JR高円寺南口を下車して行く方法で、徒歩12分で到着します。中央線快速の阿佐ヶ谷駅もしくは高円寺駅を下車してもよく、徒歩約10分で行くことができます。地下鉄丸ノ内線の新高円寺駅からでも行くことができ、徒歩約11分です。

馬橋稲荷神社の見どころは?

馬橋稲荷神社の見所

見どころは、高さ8メートルの朱塗りの鳥居!!その姿は圧巻で、昇龍と降龍が刻されています。龍の巻いた鳥居は、品川神社と稲荷社と馬橋稲荷神社の3つしかありません。

馬橋稲荷神社は、東京阿佐ヶ谷の住宅街にひっそりと佇んでいる神社で、最大の見どころは、東京三大鳥居の1つであるところです。竜がまきついた見事な鳥居で、登る竜と、降りる竜が左右一対で彫られています。ぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする