【王子稲荷神社】厄除けや厄払いの祈祷時間や料金について

王子稲荷神社の参拝時間

王子稲荷神社は、東京都北区岸町にある神社で、落語の話の『王子の狐』でも有名な場所です。江戸時代には江戸の名所として絵画に描かれた場所であり、歌川広重の名所江戸百景においても絵が描かれています。本殿の裏手にはキツネの穴があり、昔はここからキツネが出入りしたといわれています。

王子稲荷神社の宝物には、鬼女の図があり、これは住吉明徳講の砂糖元売商組合が奉納したもので、描かれている鬼女は茨木童子です。明徳講が砂糖の元売権を奪われた際、切られた腕を取り返しにきた茨木童子にあやかり、権利奪回の願掛けとして祀られています。王子稲荷神社は、徳川家の祈願所であり、関東のお稲荷さんの総元締めの神社になります。

祈祷時間や拝観料について

王子稲荷神社の拝観料

厄除けや厄払いの祈祷時間は、特にありません。拝観時間は自由で、料金もいりません。王子稲荷神社は、関東稲荷社の総社として君臨しており、狐にまつわる言い伝えが多く残っていることで知られています。境内には狐の石像が多数あり、凧市や狐の行列などの行事が行われています。

見どころは、願掛けの石や、実際に狐がすんでいたというお穴さまで、江戸時代から現代まで多くの参拝者が訪れています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする